桜井 篤 議員

質問についての詳細は、長野市議会インターネット議会中継にてご覧いただけます。

令和4年9月個人質問

問 市民を歯周病から守るために、今後どのように取り組むのか

保健所長答弁

歯の健康や歯周病に関する正しい知識、定期的な受診の必要性などについて、より一層の周知に取り組んでいきたい。

問 海洋プラスチックごみの削減について、市民にどのように啓発を行い、今後どのように取り組むのか

環境部長答弁

広報ながの、市ホームページ、全戸配布のえこねこ通信、出前講座なども活用し、ごみの適正な処理及びプラスチック・スマートの広報、啓発に取り組んでいきたい。 ※ プラスチック・スマート…世界的な海洋プラスチック問題の解決に向け、個人・自治体・企業などが連携、協働し、正しい処理やリサイクル方法など、プラスチックと賢く付き合う取り組みを広めるため、環境省が平成30年10月から始めたキャンペーンのこと。

問 道路上に設置されている段差解消スロープの違法性について、市民に理解され、撤去等の協力を得るため、どう取り組んでいくのか

建設部長答弁

市ホームページの拡充など広報活動の強化のほか、違法物件は撤去を依頼するなど、道路の適正な使用と安全確保に努める。

問 中間教室はニーズに比べて受け入れ体制が少ない。通室希望の全ての児童・生徒を受け入れられる新たな魅力ある施設の整備を提案するが

教育長答弁

より多くの児童・生徒の受け入れが可能となるよう、全市的な視点から中間教室の再編について、早急に検討していく。

令和4年3月個人質問

問 成年年齢の18歳引き下げによる消費者被害に、どう取り組むのか

地域・市民生活部長答弁

相談員を学校へ派遣し、身近なトラブルの具体例も交えて啓発している。今後も教員研修の充実を図り、新たな対象者が消費者被害に遭わないよう取り組む。

問 長期戦略二〇四〇の進しん捗ちょく状況は

企画政策部長答弁

スマートシティの推進、ジビエ料理やZ世代向けコンテンツの開発等を実施。今後も世界に誇る新産業の創造をめざし、長野圏域の経済基盤の底上げを図っていく。

令和3年12月個人質問

問 市立長野高校サッカー部の全国大会出場に対し、市としてどんな支援を行っていくのか。

市長答弁

選手の皆さんが本市の代表として思う存分に力を発揮できるよう、できる限りの支援をしたい。

問 二〇五〇ゼロカーボンに向けて長野市バイオマス産業都市構想をどのように推進し、展開を図るのか。

環境部長答弁

資金面、組織面の強化を図ることで、持続可能なかたちで二〇五〇ゼロカーボンにつなげたい。 ※ 長野市バイオマス産業都市構想…地産地消による持続可能なまちづくりをめざし、地域に豊富に存在する間伐木材、きのこ廃培地、食品廃棄物等を、石油に代わるエネルギー源などとして利活用を推進するため策定した構想。

問 多世代にわたる読書活動推進のためには、電子図書館の設置が有効であり、導入すべきと考えるが。

教育長答弁

電子図書館導入のメリットは十分ある。市民のより一層の読書活動推進のため、早期の電子図書館の導入について検討を進める。

令和3年6月個人質問

問 ヤングケアラーの実態をどう把握し、どんな支援を行っていくのか

こども未来部長答弁

実態調査は関係部局と連携を図って検討したい。学校や介護、児童福祉など現場で丁寧(ていねい)に声を拾い上げ、最適な支援のため部局横断的に連携し、対応していく。

問 高齢者の孤独・孤立対策は

保健福祉部長答弁

10月に市成年後見支援センターに新たな相談窓口を設置し、身寄りのない高齢者を関係機関が連携して支援する体制を整える。

問 男女共同参画基本計画の目標達成に向けた取り組みは

地域・市民生活部長答弁

課題解決に向け、関係各課と連携して進めていく。。

令和3年6月個人質問

問 新型コロナのワクチン接種は希望する全ての人が接種するのに、どのくらいの期間を想定しているのか

保健所長答弁

想定では、ワクチンが十分に供給されたと仮定して、今年の12月中旬で終了する見込み。

問 放課後子ども総合プランの開館時間延長について、利用希望者の要望に沿った方向で進めるべきでは

こども未来部長答弁

できるだけ早期に実現できるよう取り組みたい。

問 高齢者の雇用拡大をめざしているシルバー人材センターとの連携は

商工観光部長答弁

高齢者の就労促進のため、連携して事業を推進していく。