市川 和彦 議員

質問についての詳細は、長野市議会インターネット議会中継にてご覧いただけます。

令和3年12月個人質問

問 札幌冬季オリンピック招致活動はスパイラル休止を踏まえ、前のめりにならず慎重に協議し協力すべき。

市長答弁

現在まで札幌市から具体的な協力要請はないが、要請があれば、できる限り協力していきたい。

問 若者の居場所として、スケートボード等ニュースポーツ場の設置を。

市長答弁

既存施設や未利用施設を活用した施設整備の検討を進めたい。

問 地方公務員法改正で定年年齢は65歳。現場業務主体の消防職員は配置に苦慮するのでは。今後の計画は。

副市長答弁

職員構成は、大きな不均衡が生じている。高齢職員の体力面を考慮した勤務シフトや市長部局の新たな業務を創出し、持続可能な消防体制の堅持を考えている。

問 長野駅前を含むまちなかの魅力向上や快適な回遊滞留型の創出など、中心市街地活性化に向けた検討は。

都市整備部長答弁

平成29年に策定した中心市街地活性化プランにより、ハード・ソフト両面で活性化を進める。

問 インターネット投票の導入について積極的に検討するべきでは。

選挙管理委員長答弁

国で現在検討中とされ、最終的な導入時期も未定。早期実現を待望している。

問 エムウェーブ南産業用地開発について、検討状況と今後の見通しは。

商工観光部長答弁

地権者の賛同が最も大切。地権者の意見を踏まえ、事業者ニーズも慎重に見極めながら、本年度中に判断できるよう取り組む。

令和3年6月個人質問

問 加藤市長に三期目も出馬してほしいという要望がある。市長自身の言葉として、出所進退を問う

市長答弁

市長というものは、長い距離短い距離の違いはあっても、駅伝のランナーのごとく、たすきを次のランナーにしっかりつなぐことが大切。次期への対応は、新しい希望の扉の前で待っている新しい市長にしっかりと託していきたい。

問 行政職出身である新教育長の、教育に対する思いと取り組みは

教育長答弁

教育委員会だけでは解決し得ない多くの課題解消に、スピード感をもって取り組むとともに、子どもたちの夢実現のための環境を整えることが我々の責務と考える。

問 広域水道事業への取り組みは

上下水道事業管理者答弁

県企業局、三市一町による検討の場を設立し、上田・長野地域の将来的な水道のあり方について方向性を見いだしたい。

問 消防団組織見直しの検討状況と、団員の処遇改善への取り組みは

防局長答弁

地域防災力の要である消防団が維持できるよう、団員定数や機能別団員の制度化等を団本部と検討する。処遇改善は、国が示す基準額への検討と団員個人への直接支給方法についての研究を行う。

令和3年3月個人質問

問 産業団地の整備方針を早急に決定し、用地確保の具体的な取り組みを行うべきでは

商工観光部長答弁

新年度のできるだけ早い段階で、総合的な観点から開発候補地や開発手法方針を決定し、開発候補地の地権者を含めた住民への説明等、順を追って手続きを進める。

問 市内全体の消防需要を見越し、安定した消防体制の検討が必要では

消防局長答弁

業務量に格差がある署所間での平準化、各消防署単位の大きな枠での人員管理など、多様な方策を組み合わせながら対応していく。

問 消防団員の出動手当や年間報酬など、処遇改善への方向性は

消防局長答弁

定員の見直しと分団統合等の機構改革によって生じた退職報奨金のほか、各種掛け金の減額及び個人装備品の配備計画が来年度で完了することと、分団への交付金のあり方等を研究し、さらなる処遇改善と組織の活性化について、消防団本部とともに検討していく。