宮崎 治夫 議員

質問についての詳細は、長野市議会インターネット議会中継にてご覧いただけます。

令和3年3月代表質問

問 残りの任期をどのような方向性と展望で市政諸課題に取り組むのか

市長答弁 

安定した雇用の確保、子育て環境・教育環境の充実、医療・介護の充実、市民の健康の維持・増進、社会的援助を必要とする方の自立支援が進んでいるが、令和元年東日本台風災害、新たに発生した新型コロナウイルス感染症拡大で、市政運営に影響を与えている。災害復興や感染症対策に真摯(しんし)に向き合い、市民の幸せ実感、将来の市民の希望ある未来につなげるために全力で取り組む。

問 新年度予算案と今後の財政運営の方向性は

財政部長答弁 

市税が大幅に減少したことで厳しい編成となり、国の財政支援を最大限活用しつつ、選択と集中を徹底し、災害復興関連、新型コロナ対策関連、まちのにぎわい創出、長期戦略二〇四〇関連の四つの分野に重点配分した。将来の人口減少、人口構造の変化に対応するため、都市機能を集約し、資源の集中的・効率的な利用により、コンパクトなまちづくりを進めることが重要と考える。将来世代に負担を先送りしない持続可能な財政運営を行っていく。

問 兄弟姉妹が優先的に同一園に入所できるよう柔軟に対応できないか

こども未来部長答弁 

近年、ひとり親家庭など福祉的配慮の必要なお子さんの入所が増え、保育士不足に加え、多くの保育士配置が必要な3歳未満児の入所ニーズが増加し、兄弟が優先的に同一保育園へ入所する対応は難しい。利用調整基準は、他市の状況も参考に選考過程の透明性・公平性の確保に努め、適宜見直しを図る。

問 南部地区の防災拠点づくりは

危機管理防災監答弁

今井ニュータウン南側土地への防災備蓄倉庫建設を含めた土地利用は、地域関係者の意向を聞き、引き続き有効活用を検討。

問 東日本台風で被災した篠ノ井塩崎地区の堤防の復旧方針は

市長答弁 

千曲川治水対策は流域自治体が各地域の期成同盟会と連携し、国へ働きかける。篠ノ井塩崎地区に計画中の遊水地も国に協力して進め、水害に強い地域づくりを推進する。