過去の活動内容

新友会政策モニター研修会開催

新友会政策モニター研修会開催

開催日 平成30年7月14日(土)

場 所 長野ホテル犀北館

講演会

7月14日(土)に行われた新友会モニター研修会において、シンクロナイズドスイミング元日本代表でリオデジャネイロオリンピック チーム銅メダリストの箱山愛香さんをお招きし、講演会をしていただきました。

演題「シンクロとわたし」

講師 講師:元シンクロ日本代表 箱山愛香(はこやま あいか) 氏

  • 小学校2年生から始めたシンクロでめきめき頭角を表し、小学6年生の時には将来有望選手として、100人に2人しか選ばれないトップアスリートの発掘・育成をするための 「エリート一貫プロジェクト」に合格したそうです。中学3年生の時には全国大会ソロ部門で優勝、高校1年生でナショナルジュニアに選ばれ、2010年大学1年生でナショナルAチームに選ばれ着実に階段を上って行きました。
    ずっと目標にしていた日本代表に選ばれて臨んだロンドンオリンピックでは5位。
    オリンピックに出たいという夢だったため、一番のピークを出るための予選に無意識にもって行ってしまったのが原因でした。
    そこで次のオリンピックでは『出るだけでなく、そこでメダルを獲る』と高い目標にし、身体も技も心も更に高い意識で臨んで行ったそうです。表現力を高めるために八重歯を抜いて笑顔の時の歯並びまでこだわったのには驚きました。
    そんな中でのチーム銅メダル獲得は日常生活から常に目標を持って続けていくことの大切さ、仲間で励ましあいながら高めることが大きな力になることなどを学んだそうです。
    ご講演中に獲得した銅メダルを実際に手に取らせていただきましたが、メダルは思った以上に重く、まさに箱山さんが4年間にかけてきた思いの重さなのだと感じました。
    ご講演いただいた箱山愛香さんには本当に感謝いたします。

    講演会の感想

    ・成し遂げることの難しさが分かった。またオリンピックの舞台裏の話が楽しかった。

    ・箱山選手のような世界レベルの選手の育成に一層、力を入れるべきであると再認識した。

    懇談会

    【7月上旬、我が国を襲った『平成30年7月豪雨』。巨大化する豪雨災害を受けて様々なご意見を頂きました。】

    ・防災訓練というと火災が中心に感じる。水防訓練への対応が必要と痛感した。

    ・千曲川河川事務所等関係機関に河川整備を要望する。

    ・避難しろと言われても避難場所が安全とは限らない。どうすればよいか不安になってしまった。

    ・災害時、隧道やアンダーパスの水没が懸念される。

    ・非常時対策だけでなく日頃からのケア、地域の見守り体勢作りが大切と痛感した。

    ・避難情報や災害発生状況について早い情報伝達をお願いしたい。

    ・被災時の防犯対策にも注意する必要がある。

    ・炊き出しセットや仮設トイレ等被災時対応の在り方について検討する必要がある。

    ・個人情報の取扱いの厳しさが避難援助の妨げとなる。弾力的な対応も必要である。

    ・防災無線の音声が不明瞭で室内まで届いてこない。

    ・有料でもいいから防災無線を多くの市民に渡るようにしたらどうか。

    ・防災メールがあるのなら、その登録方法をわかりやすく説明して欲しい。

    • 【長野市ハザードマップについて】

      ●(第一に)ハザードマップの周知徹底をすべき。

      ●エリア毎の情報が網羅されていない。もっと詳細な情報が必要である。

      ●再入手の方法(ダウンロード等)を教えて欲しい。

      ●ハザードマップだが北が上になっていないので修正して欲しい(見づらいとのご指摘)。

    • 【避難勧告・避難指示について】

      ●中条地域だけに「全戸避難」がでたが隣の小川村や七二会では、警報がでなかった。

      ●支所との連携が必要。行政は現場にも行かず、降雨量だけで避難指示を出していないか疑問を感じる。

    • 我が国の人口は2008年をピークに減少に転じました。あわせて世界最速のスピードで進む高齢化。
      少子高齢化に突き進む『県都・長野市』に多くのご意見を頂戴しました。

      ●人口減少、東京一極集中が止まらない。本市の20~30年後のグランドデザインが必要である。

      ●県外に出た大学生は帰ってこないし、要因は、やはり長野に有力企業が少ないこと、都会のような魅力がないこと。大学等卒業後長野に帰ってもらえる施策が必要。

      ●県短大が四年制の大学に成った。長野に就職できる様な施策展開と寮生活も含め地域の活性化を期待する。

      ●市役所や市内企業等採用枠の拡大が必要である。

      ●働く場が不足している。産業団地が不足しているように感じる。

    • 【中心市街地の活性について】

      ●専門学校等の誘致により市街地に若者を居住させる対策が必要。

      ●ぱてぃお大門の有効活用が喫緊の課題、トイーゴも空き店舗が目立ち活気が無い。

      ●もんぜんぷら座の跡地利用、箱物でなく人が集まる空間、回遊できる環境作りが課題。

      ●マンションの高層化が進んでいる。景観面、防災面から高さ制限が必要ではないか。

    • 【中山間地域の活性について】

      ●外部から刺激が必要。特区制度を活用した特色ある地域作り活動が必要である。

      ●IT企業など中山間地でも活用できるのではないかと考える。

      ●移住定住対策が必要であり、誰に住んでもらうかが大きな課題である。

      ●中山間地域とまちなかの市民間交流をもっと進めて欲しい。

    • 【ふるさと納税の在り方について】

      ●ふるさと納税にお米を返礼品に出来ないか。

      ●ふるさと納税に地元農産品を返礼品に加えて貰ったのは嬉しいが時期の野菜などを贈るのは難しい。

    • 【交通インフラ・公共交通について】

      ●都市計画道路の工事進行が遅すぎる。見直しも検討すべき時期にきているのではないか。

      ●403号線の渋滞がひどい。信号の時間差等で調整して欲しい。

      ●昭和28年に都市計画された川中島幹線の早期実現をお願いしたい。

      ●千曲川新道(旧長野電鉄河東線)をもう少し使い易くして欲しい。

      ●菅平線について、未整備箇所について、整備を進めて欲しい。

      ●オリンピック大橋をいつまで有料化しているのか?

      ●ぐるりん号を以前の路線に戻して欲しい。

      ●市内にも、病院廻りのバスを動かして欲しい。

    • 【空き家対策について】

      ●空き家・空き地が多くなってきており鳥獣の住み家になって困っている。条例化を進めて欲しい。

      ●空き家の解体の推進を行政として指導しているが、解体費用は多額で着手できないのが現実である。

      ●善光寺周辺において古民家のリノベーションを行う若者が集っている事例がある。エリアを拡大してはどうか。

      ●(空き家の)商工業利用等への活用も検討してはどうか。

    • 【公共施設の在り方について】

      ●市営プールについて、統廃合すべき。

      ●サンマリーンについて入場料が高い。市民優待制度があっても良い。また脱衣場が狭い。

      ●長野Uスタジアム活性が不十分である。長野インター出口付近に案内看板などの設置が必要に思う。

    • 【子育て・教育に関すること】

      ●新設された子供プラザでこれまで子供たちが楽しんできた一輪車体験が施設内で出来なくなってしまった。これまで子供たちは楽しんでいたし、せっかくの一輪車を施設内で活用できるようにして欲しい。

      ●1~3月生まれの未満時の保育所入園手続きの仕組みの改定をして欲しい。

      ●(通学路等)ブロック塀の倒壊対策推進を願う。

    • 【福祉・環境政策に関して】

      ●社協、地区社協の体制が悪く、福祉全体の取組みが弱いと感じる。

      ●長野市の平均寿命が延びる中で、健康寿命に対する政策が必要。

      ●ハッピーカミング1、2、30などの健康施策を更に進めて欲しい。

      ●長野市が指定する『公共用指定ごみ袋』の運用ルールが徹底されていない。徹底する必要がある。

    • 【農林業振興政策に関して】

      ●農業プランの推進により高齢化対策、若者による農業の活性施策を進めて頂きたい。

      ●鳥獣害対策を速やかに進めてほしい。電気柵のない家庭の庭にまで入り込んでくるのが実態である。

    • 【地方自治〜住民自治協議会に関して】

      ●発足から10年が経過したが総括の評価をして欲しい。

      ●市民に対しての説明ができていない。役員のための住民自治協議会になっていないか?

    • 【その他のご意見】

      ●芸術館主催の催事は偏りがある。工夫を。

      ●一支所一モデル事業(3年間)の継続支援を。

      ●市側の招集による会議等の参加の場合は駐車場料金の完全無料化とすべき。

      ●長野市斎場の対応がマニュアル的で心がこもっていないと感じる(別れの一瞬の対応としてふさわしくない)。

      ●様々な手当て受給者の中には、悪質と見受けるケースがある。税金から支給されているからには、市側のチェックを厳格に進めて頂きたい。

    • (最後に)長野市議会、長野市に厳しいご意見を頂戴しましたので記載いたします。

      ●人口減少が進むことから行政のスリム化も必要。

      ●職員採用は、全国区にすればいかがか?職員の視野を広げるためにも新しい視点が必要。

      ●定例会における長野市部局担当の答弁が聞き取りづらい。市の職員として大きな声で明瞭に答弁頂きたい。音響に課題があるならばハード面の整備を願う。

    ※モニターの皆様より多くのご意見を頂きました。今後の新友会の政策提言や議員活動の参考にさせて頂きます。

    新友会政策モニター研修会開催

    新友会政策モニター研修会開催

    開催日 平成29年12月2日(土)

    場 所 メルパルク長野

    講演会

    全国的に少子高齢化が急速に進む中、本市における少子化対策の一環としての、結婚支援、妊娠・出産支援、子育て支援の取り組みについて講演いただきました。

    演題「結婚支援から始める子育て支援事業について」

    講師 講師:長野市こども未来部長 上杉 和也 氏

  • 長野市の少子化問題について

    本市の人口は、2000年(平成12年)の38万8千人のピークを境に、特段の策を講じないと、2060年には、25万人に割り込むことが見込まれています。
    また、0歳から14歳の年少人口については、2010年(平成22年)の国勢調査では53,588人であったものが、15年後の2025年では約21%減少して、42,308人になると推計されているなど、同じ期間の長野市全体の人口の減少率が約15%減少であることと比べても、年少人口の減少率は大きくなると見込まれています。
    なお、これほどの少子化は、社会制度や経済活動に大きな影響を与える問題であり、国や市が取り組むべき最重要課題の一つであります。

    長野市の少子化対策における取り組みについて

    本市では子ども関連の業務を一元化するため、平成26年4月に「こども未来部」を設置し、結婚、妊娠・出産、子育ての「切れ目ない支援」に取り組んでいます。

    〇結婚支援・・・結婚支援については、三つの柱により推進しています。

    「出会いの場の創出支援」
    ・・・結婚を希望する若者に対する「結婚セミナー」を開催等
    「結婚を応援する機運の醸成」
    ・・・地域や職場の “世話焼きさん”として、結婚ボランティアふれ愛ながの婚活「夢先案内人」を募集。
    「若者のライフデザイン形成支援」
    ・・・学生や若手社会人を対象に、結婚や子育てを含む、将来のライフデザインについて考える機会を提供

    〇妊娠・出産への支援

    妊娠・出産包括支援事業(ながの版ネウボラ)では、2つの保健センターに母子保健コーディネーター(保健師)を配置し、妊娠・出産から子育て期までの様々な不安や悩み事に対する、相談支援体制のワンストップ化を整備しました。
    他にも、不妊治療費助成や、妊婦健診の公費助成、生後3カ月までの乳児の育児の不安や悩み相談に応じる「はじめまして!赤ちゃん事業」、産後ケア事業にも取り組んでいます。

    〇子育てへの支援

    相談や情報提供に応じたり、遊びの場や交流のきっかけを生むサービスとして、もんぜんぷら座の「じゃん・けん・ぽん」、篠ノ井の「このゆびとまれ」、市内15ヵ所の「地域子育て支援センター」、また、「おひさま広場」として、ほとんどの保育所・幼稚園において、園開放を行っています。
    また、子どもについての総合相談窓口である「こども相談室」では、子育てや発達相談等に応じているほか、発達支援あんしんネットワーク事業として、「地域発達支援会議」や、「園訪問事業(にこにこ園訪問)」、「長野市サポートファイル(はぐくまファイル)」の事業を実施しています。
    「放課後子ども総合プラン」については、児童の健全育成と保護者の仕事と子育ての両立支援を目的として、放課後等に、安全で安心な遊び及び生活の場並びに多様な体験活動、交流等に機会を提供しており、市内全54小学校区で実施しています。

    〇子育てに関する行政情報の発信

    「結婚応援ポータルサイト“ご縁ながの・ココカラ”」
    ・・・婚活イベントやセミナー情報のほか、婚活に役立つ様々な情報の発信。
    「ながのわくわく子育てメール」
    ・・・妊娠・出産から子育てに関する基礎知識や、子育て支援情報をメールマガジンで配信。
    「子育て応援アプリ“すくすくなび”」
    ・・・妊娠・出産から乳幼児期の子育てに役立つ情報をまとめたスマートフォン向けアプリ。

    引き続き、子育て支援の充実を図り、安心して子育でできる環境の整備に取り組みます。

  • 講演に対する主な感想をご紹介します

  • 自分の子供達の時は、回りの皆さんによく見ていただいた。
    今は少人数で若い人達だけの生活の為、大変な面があると思う。
  • 少子化問題は緊急課題。行政として積極的に推進してほしい。
  • 市の施策等を活用したいと思った。もっと関心を持つ必要があると感じた。
  • 支援事業についての認知があまりなかった。市報等でもPRしてほしい。
  • 懇談会

    新友会政策モニター制度は、日頃から恒常的に市民の皆様のご意見を伺うため
    の制度です。
    講演会に続き9つのテーブルに分かれて、市政や地域の課題、議会や議員への要望について議員との懇談を行いました。
    主なものにつきましてご紹介いたします。

    • 【公共施設マネジメント関係】

      ●公共施設再編は中山間地域から行うべき。

      ●市の財政運営を健全な状態で維持するため、今後大型事業を導入する場合には、慎重な検討が必要。
      一方、市税を少しでも安くする努力も必要ではないか。

      ●公共施設の利用形態についても検討する必要がある。
      特に周辺地域では、会議(行事)の内容によっては使えない状況もある。

      ●今後は、立派な施設でなく、更新しやすい(施工性の良い)施設で良い。

      ●公共施設再配置計画の現況の報告が足りないのではないか。

      ●各地区の公民館をより多く開放して地域活動の活性化をするべき。
      また、子どもたちの交流の場にもするべきでは。

    • 【空き家対策関係】

      ●空き家から道路等に張り出した庭木を切ることも出来ない。

      ●商店街のシャッター通りになっている状態が問題。
      大家は空き店舗になっていても安く貸さない。
      もう少し大家が、街づくりとか商店街の活性化を積極的に支援すべき。

      ●空き家の除却により課税額が変わるが、税制上の検討も必要なのではないか。
      また都会からの人口誘致も必要ではないか。

      ●都市計画について考え方が見えない。
      マンションブームで建設ラッシュになっているが、日当たり問題が出ている。
      高さ制限を設けるべきではないか。

      ●通学路に沿っている住宅が老朽化で大変危険。
      相続人がいない空き家の措置が課題。
      取り壊す費用を負担し、固定資産税を上げるなどの措置があってもいいのでは。

    • 【人口減少・中山間地域関係】

      ●地域行事の集まりが段々困難になり、コミュニケーションも難しい。

      ●小売店の減少で、買い物が困難。

      ●中山間地に対する予算配分が少なく、道路インフラ、災害対策が遅れている。

      ●中山間地域においては、もっとコンパクト化を目指すべき。

      ●地域には若い人がいないことも問題で、若い人が住める環境づくりが課題。

      ●中山間地域では人口の減少により集落機能の低下した事例もある。
      集落移転等施策の変更(見直し)も必要ではないか。

      ●野菜等農産物栽培・収穫の楽しみ(張り合い)が失われるので、もっと野生鳥獣対策をすすめる必要がある。

      ●関西方面の小学生を中心に民泊受け入れしており、野菜の収穫体験や、収穫した物を味わい感動して帰っている。
      再び長野に来てくれる期待感がある。
      地元地域のパンフレットは渡すが、市全体を簡単に紹介する物があればと思う。

    • 【高齢者対策関係】

      ●子供が県外にいるが、長野に職場がないので帰ってこない。これから介護をどうするか心配な状況。

      ●若い世代が居ないので公民館活動の行事が開催できない。
      高齢者世帯ばかりで、活気がなくなっている。

      ●福祉推進委員の仕事が大変。行政としてもっと支援が欲しい。

      ●更生保護の役員をやっているが、ボランティア活動のため、会費を払っての活動であるので大変である。
      行政で支援してくれる方策はないか。

      ●介護保険制度に対する理解と説明が必要である。
      中には介護年金納付金がひかれていない事例もあった。

    • 【結婚・子育て関係】

      ●病児・病後時保育のスペース不足、使い勝手の悪さが目立つ。

      ●放課後子ども総合プラン利用料有料化は仕方無い。職員手当、サービスの充実を。

      ●若者が結婚できる社会(雰囲気)づくりを。

      ●子育て支援として放課後子ども総合プラン利用料は無料にするべき。

      ●センター、プラザの施設が狭く、希望者の受け入れができていない。

      ●センター等の施設の備品修理費等は住自協の会計を使わず、直接市側が行うべき。

      ●有料化で適正な登録児童数となり、支援員体制が見直せて良い。

      ●子育て支援の施策はあるが、一人で子育てについて悩んでいる親がいる。

      ●一人目から保育料の減免(軽減)等検討して欲しい。

      ●核家族化は社会による見守り依存が高まるという面もあり、社会保障のあり方についても検討が必要。

      ●三世代家族等に対する市独自の減税対策も必要ではないか。

      ●地元の小学校の遠足を今までの地域外から地区内を巡り触れ合いをすることを始めており、良い事だと思う。

      ●県立大や看護学部などの若者を誘致する施設の新設は良いが、これらの若者が長野に住んでもらうようにPRや制度が出来ないか。

    • 【行政運営関係】

      ●支所機能が不十分で不便、結局は本所に行かねばならない。

      ●道路舗装等、工事業者により仕上げが一定になるようチェック体制の徹底を望む。

      ●市庁舎・芸術館入口等各表示がわかりづらいので適切な表示を。

      ●住自協と市議会の役割分担が市民から見てわかりづらくなってきた。

      ●決算審査をもっと予算に反映させるべき。

      ●地域の仕事が増えている。住民自治協議会の在り方を研究すべき。

      ●支所の職員の他にも市役所の職員も住民自治協議会の様々な活動に参加すべきではないか。
      支所においては、地元の事情のわかる職員が少なくなった。

      ●民間企業の様に事業に対してPDCAをしっかりと行い、検証する必要があるのでは。

    • 【インフラ・交通対策関係】

      ●落合橋の交通渋滞が課題、公共交通機関は便数が少なく使えない。

      ●市道の舗装等のインフラ整備に予算を。

      ●通勤時の交通渋滞解消のため、早期の道路網整備を。

      ●千曲川新道の一体感のある早期整備を。

      ●バス料金が高すぎる。また、バス路線再編を検討すべき。

      ●お出かけパスポート、ICカードKURURUの利用範囲拡大を。

      ●バス専用路線で、松代から丹波島を渡る路線は便利になった。

      ●バス路線の接続が悪い場合が多く、バスの利便性が低い。

      ●川中島駅前の公衆トイレがないので作って欲しい。

      ●台風で災害を受けているが2か月経っても復旧工事がされていない。

      ●長野インターから市街地へのアクセスが悪い。

      ●小学校には、障害児の受け入れに伴うバリアフリー化やエレベーターがない所が多いので早期の対応を望む。

      ●観光客のために駐車場の整備をもっと進めていった方がいいのではないか。

      ●松代にも、ぐるりん号の検討をしてほしい。

    • 【都市の将来ビジョン】

      ●若者が長野市に留まる、帰ってくる具体策が急務。

      ●市内の有力企業が長野市外にシフトしている。内部留保できる仕組みが必要。

      ●善光寺周辺の商店は、閉店時間が早すぎて観光客のニーズに合っていない。

      ●県の産業フェアが有り、企業のPR活動をしているが、ここに中高生、一般の人が見に来るようにPRした方が良いのでは。
      富山県は産業観光(工場見学)が盛んだ。長野市もその辺の充実が図れないか。

      ●町の活性化は、観光客を誘致し、お金を落としてもらうことが大事。

      ●働きの場が無いので企業立地を推進するべき。

    • 【その他】

      ●社会的弱者(少数の)の声が届く社会を要望する。

      ●県の森林税がずいぶん残高があるようだが、山の整備は行き届いていないので使えないものか。
      また、治水対策等充実して欲しい。

      ●パソコン教室はあるが、今は是非スマホの教室をやって欲しい。

      ●市議会議員の活動について、陳情型から政策提案型に変更していく必要があるのではないか。
      また、市(理事者)に対して明確な意見提示をしていく必要があるのではないか。

      ●都市計画道路の見直しをすべき。お金の削減には、議員の削減をすべき。

      ●SNSによる情報発信が多くなっているが、議会も活用するべき

    ※モニターの皆様から多くのご意見をいただきました。会派の政策提言の参考にさせていただきます。